Author Archive
Breeze が英国人に Breezer を語る

Breeze が英国人に Breezer を語る

 一番好きなMTBパイオニアは?と聞かれたら、私は「ジョー・ブリーズ」と言い切ってしまえる。私が知る氏といえば、誰かが書いた記事、本人による著作、そしてインタビュー映像などから得たものに過ぎないのだけれども、そのどれからも、誠実な人柄がひしひしと伝わってきて、心温まるのだ。  
読むMTB [ 28 ] – Back to Basics

読むMTB [ 28 ] – Back to Basics

読むMTB [ 27 ] – Klunker Capital Of The World

読むMTB [ 27 ] – Klunker Capital Of The World

読むMTB [ 26 ] – Repack Realities

読むMTB [ 26 ] – Repack Realities

Action Now, March 1981
読むMTB [ 25 ] – Strand Wars: The Cruisers

読むMTB [ 25 ] – Strand Wars: The Cruisers

読むMTB [ 24 ] – Rocky Mountain High

読むMTB [ 24 ] – Rocky Mountain High

読むMTB [ 23 ] – Fat Tires Come of Age

読むMTB [ 23 ] – Fat Tires Come of Age

Bicycling – May, 1983
読むMTB [ 22 ] – Ritchey Mountain Bike [Car&Driver, January, 1983]

読むMTB [ 22 ] – Ritchey Mountain Bike [Car&Driver, January, 1983]

読むMTB [ 21 ] – C.ケリーによるMTB参考文献目録

読むMTB [ 21 ] – C.ケリーによるMTB参考文献目録

読むMTB [ 20 ] – The Klunkers of Marin

読むMTB [ 20 ] – The Klunkers of Marin

RCE バッテリーを分解する

RCE バッテリーを分解する

MAX模型の軌跡

MAX模型の軌跡

1970年代に彗星のように現れ、活動数年で個性的なキットを十数点残して業界の歴史に爪痕を残すも儚く消えていったマックス模型を語る。
kustom kulture [ 6 ] Monogram, Tom Daniel

kustom kulture [ 6 ] Monogram, Tom Daniel

PC-189 1/24 Beer Wagon (1967) Mack C-cab show rod PC-190 1/24 T’Rantula (1968) Dragster PC-192 1/24 Pie Wagon (1968) Ford C-cab show rod PC-205 1/24 Red Baron (1968) T-bucket show rod PC-206 1/2 […]
kustom kulture [ 3 ] HAWK, Weird-ohs

kustom kulture [ 3 ] HAWK, Weird-ohs

Weird-ohs 60年代のアメリカは、モンスターとホットロッドの大ブームの最中にあった。 アメリカ最古のプラスチックキットメーカーのひとつ、1928創立シカゴの「ホーク」社のボックスアートを担当していたフリーランスのイラストレーター、「ビル・キャンベル(Bill Cambell)」
kustom kulture [ 2 ] Revell, Ed Roth

kustom kulture [ 2 ] Revell, Ed Roth

kustom kulture [ 1 ] Revell, Dave Deal

kustom kulture [ 1 ] Revell, Dave Deal

1/25 Deal’s Wheel 1971年から72年までに発売された自動車13種、飛行機4種がシリーズのすべてである。
読むMTB [ 19 ] – 1983/02/21 Gary Fisher's MTB seminar at NY int'l cycle show

読むMTB [ 19 ] – 1983/02/21 Gary Fisher’s MTB seminar at NY int’l cycle show

生きるMTBの歴史、MTB界の饒舌なスポークスマン、ゲーリー・フィッシャーはよく過去を語る。
シュウイン・バーシティ・クランカー on ヤフオク

シュウイン・バーシティ・クランカー on ヤフオク

日本ではMTB人気は底を打っている・・・(今が底だと信じたい。まだ沈む余地はあるのだろうか?)1990年台の大ブームの反動は大きく、低迷は長く続いている。

 

 

 


Designed by WPSHOWER