————————————————————————————————————————

Ed Roth’s Show Rods

————————————————————————————————————————

1958 Little Jewel

リトル・ジュエルは、エド・ロスのショー・デビュー作である。模型化はされていない。

1955年ないし58年式の1930年式フォード・モデルAにオールズモビルV8エンジンを積んだカスタムカーを手に入れたエドは、フェンダーをクラムシェル型に交換した上でカスタムペイントを行った。さらに足回りにクロムメッキを掛け、アルミ削り出しのバンパーを取り付けている。この頃のエドの本業はペインターであり、カスタムの度合いはささやかなものであった。
 

1959 Outlaw


Revell kit S/N: H1282 Outlow (1962)



Canned Heat (1973)

Yellow Fever (1979)

1960 Beatnik Bandit

Revell kit S/N: H1279 Beatnik Bandit (1963)


1963 Mysterion

Revell kit S/N: H1277 Mysterion (1964)


12,500個限定のアルミ缶入りキット。

Dual Jewel (1975)

Double Trouble (1979)

1964 Orbitron



1964 Surfite

Revell kit S/N: H1240 Surfite with Tiki Hat (1965)

1964 Tweedy Pie

Revell kit S/N: H1286 Tweedy-Pie (1963)

Rod Father (1973 / 1979)




1965 Road Agent

Revell kit S/N: H1274 Road Agent (1964)


1965 Rotar

1966 Druid Princess

1967 Mail Box


1967 Mega Cycle

1968 American Beetle

————————————————————————————————————————

Ed’s Roth Custom Monsters

————————————————————————————————————————


Mr. Gasser (1963)

Mother’s Worry (1963)

Drag Nut with Rat Fink (1963)

Brother Rat Fink (1964)

Rat Fink (1963)

Surf Fink (1964)

Angle Fink (1964)

Super Fink (1964)

Scuz Fink (1965)

Fink-Eliminator (1965)

Outlaw with Robin Hood Fink (1965)

Tweedy Pie with Boss Fink (1965)

Re-issue in 1971


Heavy Head (1971) / Shift Kicker (1971)
Heavy HeadはMr. Gasser (1963)、Shift KickerはMother’s Worry (1963)の再販。

Korporal Amerika (1971) / Sleety Rider (1971)
Korporal AmerikaはDrag Nut (1963)、Sleety RiderはBrother Rat Fink (1964)の再販。

Takara-Revell


1/24 Revell model Racer

既存のスロットカー・キットにエド・ロスのモンスターフィギュアを載せただけの即席モノ。


TESTOR’s Edo “Big Daddy” ROTH Custom Colors

————————————————————————————————————————

The Rise and Fall of Ed Roth:
the Car Customization King of the 1960s

————————————————————————————————————————


巧みな自己宣伝。

バイカーギャング Hells Angels との親交、転落。